インナーチャイルドがいるとなぜ苦しいのか?

生きることが苦しいのはインナーチャイルドが原因

最近の日本では、生活のレベルが上がり、物質面では他国と比べるとかなり裕福になっています。

ですが、うつ病やパニック障害、不安障害などの精神疾患やアダルトチルドレン、HSP、愛着問題、毒親問題など心の苦しみの問題が増えています。

なぜなら人間は、身体面での安心・安全が確保されても、精神面での安心・安全が確保されないと、苦しみがなくならず、幸せになることができないからです。

そして、精神面での安心・安全を脅かす原因となっているのがインナーチャイルドです。

なぜインナーチャイルドが苦しみの原因なのか?

インナーチャイルドというのは、無意識にある心の傷です。

否定されてしまった子供の自分です。

叶えられなかった思いや、抑えられてしまった感情、無理矢理受け入れてしまった価値観などのことです。

こうしたインナーチャイルドがいると、今のあなたの問題として浮かび上がり、苦しみを生みます。

過去に作り上げた価値観

人間は、子供の頃に様々な価値観を学びます。

  • 良い悪いという価値観
  • 善悪という価値観
  • 優劣という価値観

などを親子関係の中で、学び作り上げます。

ですが、問題となるのは、価値観のお手本となる親の存在です。

もちろん、完璧な親はいません。

ですから、子供は多かれ少なかれ

  • 自分には価値がない
  • 自分は悪い
  • 自分はダメだ

といった否定的な価値観を作りあげてしまいます。

そして、自己否定をする価値観は、変化・開放されなければ、大人になってもそのままになります。

ですから、今苦しいという問題の根本には、子供の頃に作り上げた自己否定をしてしまう価値観があります。

抑圧された感情

苦しみの原因は、自己否定をしてしまう価値観の他に、抑圧された感情があります。

抑圧というのは、自分では認められない嫌な感情を、無意識の領域に抑え込むということです。

抑え込んでいるので、自分ではそんな感情があるとは意識できません。

ですから、子供の頃に感じた辛い感情のほとんどは、抑え込まれたまま今もあなたの無意識に存在しています。

この抑え込まれた感情が、今の問題に直面した時に、無意識の領域から湧いて出てきます。

今感じる苦しい感情は、多くの場合、過去に抑圧した感情です。

インナーチャイルドが癒されると今の問題が解決する

過去に作り上げた自己否定する価値観と抑圧された感情が、今の問題を作り、生きる苦しみの原因になっています。

ですから、価値観と抑圧された感情が変化・開放されると今の問題が解決され、苦しみがなくなります。

これが、インナーチャイルドの癒し、インナーチャイルドセラピーが目的としていることであり、今の問題・苦しみの解決方法です。

この記事は以上になります。

>>>インナーチャイルドについて知ることが出来る5つの記事まとめに戻る