話を聞くだけのカウンセリングだけでは不十分な理由

話を聞くだけのカウンセリングだけでは不十分な理由

話を聞くだけのカウンセリングだけでは不十分な理由

心理的な問題を解決する時に、多くの方は、話を聞く傾聴スタイルのカウンセリングをイメージされます。

ですが、話を聞く傾聴スタイルのカウンセリングだけで、心理的な問題を解決しようとすると大変時間がかかります。

傾聴スタイルのカウンセリング

傾聴スタイルのカウンセリングでは主に言葉のやりとりが行われます。

ですが、精神的な問題には、感情や体の感覚が関係します。

怒りや悲しみ、胸の苦しくなる感じ、頭がカーっとする感じなどです。

傾聴スタイルのカウンセリングでは、感情と感覚を扱わないので、変化が起こるのに大変時間がかかります。

セラピー(心理療法)の必要性

心理的な問題を短期間で変化させていくには、感情と感覚にアプローチするセラピー(心理療法)が必要になります。

カウンセリングとセラピーを行うことで、精神的な問題を短期間に解決することができます。

この記事は以上になります。