カウンセラーに相談することと友人や家族に相談することの違い

カウンセラーに相談することと友人や家族に相談することの違い

カウンセラーに相談することと友人や家族に相談することの違い

今まであなたは、沢山の人に悩みや苦しみを相談してきたと思います。

そして、相談することで、自分の悩みを解決してきました。

ですが、あなたが今、深い悩みや苦しみの中にいるのだとしたら、一度カウンセラーに相談することをおススメします。

なぜなら、友人や家族に相談することと、カウンセラーに相談することは全く別のことだからです。

悩みには深さがある

人の悩みには深さがあります。

心の表面的な問題・感情の問題・コアの問題の3階層です。

心の表面的な問題(第一階層)

心の表面的な問題というのは、自分で意識出来るところに原因がある問題です。

何が悪いのか自分でも薄々わかっている問題です。

心の表面的な問題であれば、友人や家族に相談することで解決します。

感情の問題(第二階層)

心の第二階層には、感情の問題があります。

怒り・憎しみ・悲しみ・恐怖などの感情が原因の問題です。

この問題の解決には、感情の開放が必要なので、相談役の前で上手く感情を出すことが出来れば、問題が解決します。

コアの問題(第三階層)

心の一番深いところには、コアの問題があります。

トラウマ・自分へのイメージ・抑圧した感情が隠れています。

コアの問題になると、自分で意識することが出来ません。

そして、自分で自ら心の奥の方に、押し込めています。

ですから、コアの問題を相談しても心の底にあるために、問題の核心に触れることがないために、問題が解決しません。

コアの問題を解決するには、コアの問題を意識できるところまで浮かび上がらせる必要があります。

カウンセラーの心構えの違い

コアの問題を解決するには、相談役の心構えが大切です。

カウンセラーの心構えの違いが、コアの問題を意識できるところまで浮かび上がらせ、解決します。

【カウンセラーの心構え】

  • あなたの存在が全てOK
  • あなたの未来を100%信じている
  • あなたに沢山の可能性があると信じている
  • どん底でも這い上がれると確信している
  • あなたが色々な経験から学び成長出来ると信じている
  • あなたが自分の人生を生きれるようになるまで励まし続ける

カウンセラーがこの心構えで、クライエントさんに関わることで、コアの問題が解決していきます。

この記事は以上になります。