悩みが解決しない理由

悩みが解決しない理由

悩みが解決しない理由

悩みが解決しないのは、自分が何に悩んでいるかがハッキリ把握していないからです。

自分が何に悩んでいるかがハッキリしていない

カウンセリングにいらっしゃるほとんどの方が、自分の悩みをハッキリと把握していません。

何故かというと、自分の立場からしか悩んでいないからです。

悩みというのは、自分だけでは出てきません。

多くの悩みは、誰かとの人間関係の中で生まれます。

ですから、自分の悩みをハッキリさせるには相手からの視点が必要です。

相手の視点に立つには?

相手の視点に立つには、ゲシュタルト療法のチェアワークやNLPのポジションチェンジといったワークが必要になります。

人間は、頭の中で考えるだけでは、相手の視点に立つことができません。

相手の視点に立つには、舞台設定が必要になります。

解決策は自分の中にある

悩みといのは、情報が全てそろったときに解決します。

情報が不足していると、悩みがなくなりません。

そして、その情報はすでに自分の中にあります。

ですから、カウンセリングで、あなたの中から情報を引き出すことで、悩みが解決していきます。

この記事は以上になります。