ゲシュタルト療法では過去の解決していない出来事を完了させることが目的

ゲシュタルト療法では過去の解決していない出来事を完了させることが目的

ゲシュタルト療法は、1950年ごろにフリッツ・パールズによって提唱された心理療法です。

ゲシュタルト療法とは?|千葉県千葉市のいまいカウンセリングルーム

ゲシュタルト療法では過去の解決していない出来事を完了させることが目的

ゲシュタルト療法の目的は、過去の未完了の問題の完了です。

私たちは、過去に多くのことを未完了のままにして成長してしまいます。

過去の後悔や今も残る思いの数々

私たちは多くの後悔や、達成できていない思いを抱えています。

そして、そういった思いが今の問題となって現れます。

ですから、過去の未完了の問題を完了させることが、今の問題の解決策です。

親への思い

過去の未完了の問題の中で、特に親への思いが問題となります。

親への思いが未完了のまま残されていると、その思いを恋愛や結婚において、相手に向けてしまうことが多いです。

ゲシュタルト療法では気づきにより出来事を完了させる

ゲシュタルト療法では、クライアントに気づきを促すことで出来事を完了させます。

過去の未完了の問題は、今気づきを持つことで完了することが出来ます。

どんな過去の出来事でも、必ず今において完了させることが出来ます。

なぜなら、未完了の問題を作っているのはあなた自身だからです。

この記事は以上になります。

 

>>ゲシュタルト療法のまとめ記事に戻る<<