森田療法は対人恐怖症・社会不安障害を解決する

森田療法は対人恐怖症・社会不安障害を解決する

森田療法は対人恐怖症・社会不安障害を解決する

森田療法とは

あなたは、森田療法という精神療法をご存じでしょうか?

森田療法は、1921年に森田正馬によって作られた精神療法です。

森田療法は、対人恐怖症や社会不安障害を解決する精神療法です。

対人恐怖症・社会不安障害に対する現在のアプローチ

今現在、対人恐怖症や社会不安障害に対しましては、薬やカウンセリング、認知行動療法などが行われていますが、これらの方法では、解決しない人がいます。

なぜ解決しないのかというと、原因に対してしっかりとアプローチが出来ていないからです。

薬やカウンセリングは、不安や恐怖を抑えたり、なくしたりというアプローチですし、認知行動療法は、考え方を変えるというアプローチです。

ですが、なかなか不安や恐怖がなくならなかったり、考え方を変えるのが難しい方がいらっしゃいます。

そういった方に、森田療法は必要であると私は考えています。

対人恐怖症・社会不安障害に対する森田療法のアプローチ

現在の考え方では、対人恐怖症・社会不安障害の原因になっている不安や恐怖、葛藤などは、悪いものであり、それを排除することが解決方法であると考えられています。

ですが、森田療法では、不安や恐怖や葛藤は異常なものではないので、排除する必要がないと考えます。

つまり、対人恐怖症・社会不安障害の方の不安や恐怖や葛藤は、排除するものではなく、あって良いものであるということです。

対人恐怖症・社会不安障害の原因は自己実現ができなくなっていること

では、森田療法では、対人恐怖症・社会不安障害の原因をどのように考えているのでしょうか?

森田療法では、対人恐怖症・社会不安障害の原因を、自己実現ができなくなっていることである、と考えます。

自己実現が出来なくなっていることというのは、自分らしく生きられていない、自分が本当にやりたいことができていない状態のことです。

対人恐怖症・社会不安障害の解決は自己実現ができること

今現在、対人恐怖症や社会不安障害の方に対して行われているアプローチは、不安や恐怖や葛藤の排除です。

ですが、あくまで不安や恐怖や葛藤は、症状であって、根本的な原因ではありません。

不安や恐怖や葛藤を排除しようとすることは、対症療法です。

今現在のアプローチで対人恐怖症や社会不安障害が解決しない人は、原因が自己実現できていないことにあります。

つまり、不安や恐怖や葛藤があっても、自己実現ができていれば、悩まないということです。

自己実現するための森田療法のアプローチ

対人恐怖症や社会不安障害の方が抱えているものは、不安や恐怖や葛藤だけではありません。

もう一つ抱えているのは、自己実現欲求です。

実は、対人恐怖症や社会不安障害に悩まれている方は、人一倍自己実現欲求が強いです。

自分らしく生きたい、自分のやりたいことをやりたいという思いが強いです。

ですが、自己実現が強いからこそ、自己実現が出来ないことに悩みます。

対人恐怖症や社会不安障害に悩まれる方は、このように自己実現が出来ない状態になった時に、自己実現に向けて努力するのではなく、不安や恐怖や葛藤を解決する方向に努力が向いてしまいます。

ですから、森田療法のアプローチは、不安や恐怖や葛藤を解決する方に向いてしまっている心の状態を、自己実現の方向に向けるというアプローチをします。

森田療法では、自己実現に向けて努力し、自分らしく生きられるようにすることで、対人恐怖症・社会不安障害を解決します。

この記事は以上になります。