強迫観念症の原因は「とらわれの心理」

強迫性障害の原因は「とらわれの心理」

強迫性障害の原因は「とらわれの心理」

強迫性障害の原因は、精神療法の森田療法による解釈が分かりやすいです。

※森田療法について

森田療法は対人恐怖症・社会不安障害を解決する

強迫性障害とは

強迫性障害というのは、自分でも間違っているとわかる考えが頭から離れずに、行動を支配されてしまう症状のことです。

・一日中手を洗い続けてしまう

・体の一部分が気になる

・鍵をかけたかを何十回と確認してしまう

など。

強迫性障害は、人により様々なものがあり、他人からみると馬鹿げていると感じられるものもありますが、本人もどうしようもありません。

森田療法における強迫性障害の原因

森田療法における強迫性障害の原因は、「とらわれの心理」にあると言います。

ある考え(観念)にとらわれることは、誰しもあります。

ですが、強迫性障害におけるとらわれは、行動を制限されてしまう状態になります。

ではなぜ強迫性障害の方が考えにとらわれるのかというと、元々もっている心配性と完璧主義という気質と、逃げの行動が原因になります。

対人恐怖症・社会不安障害の方は心配性で完璧主義

強迫性障害の方は、生まれ持った気質が、心配性で完璧主義なために、元々色々なことが気になる性格です。

そして、強迫観念になるキッカケになる出来事に対して、逃げの行動をすることで、強迫観念を作り上げてしまいます。

逃げの行動というのは、本当はこうしたいああしたいという自己実現の行動ではなく、不安や恐怖に基づく行動です。

一度逃げの行動をしてしまうと、強迫観念を強化してしまいます。

そして、段々と強迫観念が強くなり、自分の行動を支配されてしまいます。

一度出来上がってしまった強迫観念を解体するには、不安や恐怖をハッキリさせて、自己実現の行動をしていくことが必要です。

対人恐怖症・社会不安障害の方が森田療法で自己実現する方法

この記事は以上になります。