自己肯定感とは何か?

自己肯定感とは何か?

自己肯定感とは何か?

自己肯定感というのは、自分がここにいても良いという感覚のことです。

他人から肯定されているという感覚

自己肯定感というのは、他人から肯定されているという感覚です。

自己肯定感が高いと、他人から、自分が受け入れられていて、ここにいても良いと感じられます。

逆に、自己肯定感が低いと、他人から否定されていると感じられて、ここにいてはいけないと感じられます。

世界から肯定されているという感覚

自己肯定感は、他人だけではなく、世界から肯定されているという感覚でもあります。

自己肯定感が強いと、自分はこの世界に存在する価値があると感じられます。

逆に、自己肯定感が低いと、自分はこの世界に存在する価値がないと感じられます。

あくまで自分がそうだと思っている感覚

自己肯定感というのは、あくまで、自分がそうだと思っている感覚です。

ですから、実際に他人から肯定されているのかは、関係がありません。

自己肯定感が強い方は、色々な人に批判されていても、平気だったりします。

逆に、自己肯定感が低い方は、周りの人から認められて、褒められても、そんなことはないと感じられます。

 

この記事は以上になります。