自己肯定感が低い人は頑張り過ぎてしまう

自己肯定感が低い人は頑張り過ぎてしまう

自己肯定感が低い人は頑張り過ぎてしまう

自己肯定感が低い人は、仕事や家庭などで、頑張り過ぎて疲れてしまいます。

自己肯定感が低いとここにいてはいけないと感じられる

自己肯定感が低い人は、ここにいてはいけないと感じています。

ですから、ここにいても良いと感じられる理由を作ろうとします。

ここにいても良いという理由がないと、いたたまれない感じがするからです。

ここにいても良いと感じるために頑張る

そして、ここにいても良いという理由作りは、過剰な努力になりやすいです。

仕事場や、家庭内で頑張り過ぎてしまいます。

ですが、頑張ることを辞めてしまうと、ここにいてはいけないという感覚が出てきてしまうので、中々頑張ることを辞められません。

それほど、ここにいてはいけないと感じることは辛いのです。

まずは自己肯定感が低いことを知ることからはじめましょう

仕事場や家庭内で頑張り過ぎてしまう人は、まず自分の自己肯定感が低いことを知ることから始めましょう。

あなたが、頑張り過ぎてしまうのは、あなたがダメであるからではありません。

原因は、自己肯定感が低いせいで、ここにいてはいけないという感覚があるからです。

ですから、ダメな自分を良い自分に変える必要はありません。

 

この記事は以上になります。