インナーチャイルドと無意識の関係(インナーチャイルド心理学)

インナーチャイルドと無意識の関係

インナーチャイルドは無意識の領域に存在します。

  • インナーチャイルドはどこにいるの?
  • インナーチャイルドと無意識の関係は?
  • インナーチャイルドの癒しは無意識で起こるのか?

この記事ではこういった疑問についてお答えしていきます。

インナーチャイルドは無意識に存在する

無意識とは?
無意識とは、意識では自覚されない意識のこと。

意識と無意識の比率は、意識が1~3%、無意識が97~99%と言われてる。

インナーチャイルドは、無意識の領域に存在します。

ですから、顕在意識の中をいくら探しても見つかりません。

無意識に存在し、あなたの考え方や行動を縛ります。

例えば、

  • 同じようなパートナーとばかり付き合ってしまう人
  • 相手の要望をどうしても断ることが出来ない人
  • 子供に対して過剰に反応してしまう人

こういった傾向のある人は、無意識にいるインナーチャイルドに考え方と行動を縛られています。

自分が本当にしたい考え方や行動ではなく、インナーチャイルドの価値観、感情、思いを叶えるための考え方、行動です。

意識の領域にいないので、気づくことがなく、自分の考え方、行動だと思ってしまいます。

インナーチャイルドが引き起こす問題が、自分では解決が難しい理由がここにあります。

インナーチャイルドの癒しは意識の光をあてること

インナーチャイルドは無意識に存在するので、問題を解決するには、インナーチャイルドを意識化する必要があります。

意識化というのは、無意識を意識の領域に持ってくるということです。

つまり、自分の無意識の領域に、意識の光を当てるのです。

まずは、自分の考え方、行動の裏には、どんな感情や価値観があるのかに意識的になりましょう。

インナーチャイルドが起こす考え方や行動には、必ず抑圧された感情と価値観が隠れています。

意識的になることで、インナーチャイルドと自分との違いがわかるようになります。

いままで、どれだけインナーチャイルドに縛られていたのかに気が付きます。

インナーチャイルドの癒しの第一歩は、インナーチャイルドを意識化することです。

この記事は以上になります。