インナーチャイルドと自己肯定感(インナーチャイルド心理学)

インナーチャイルドと自己肯定感

インナーチャイルドと自己肯定感は深い関係があります。

  • インナーチャイルドと自己肯定感の関係は?
  • 自己肯定感を持つにはどうすればよいのか?
  • インナーチャイルドが癒されれば自己肯定感が湧いてくるのか?

この記事では、こういった疑問についてお答えしていきます。

インナーチャイルドと自己肯定感の関係

自己肯定感とは?
自分の在り方や価値を積極的に評価、肯定できる感情

自己肯定感が重要と言われ始めてから十数年経ちます。

確かに、自己肯定感はあった方が良いのですが、一方で苦しみを生んでしまうという側面があります。

それは、自己肯定感がインナーチャイルドと関係しているからです。

インナーチャイルドと自己肯定感

自己肯定というのは、自己否定の反対概念です。

ですから、自己肯定感がないというのは、自己否定しているということであり、自己否定しているということは、自己肯定感がないということです。

実は、自己否定も自己肯定もインナーチャイルドが原因になっています。

※自己否定についてはこちらでご説明しています。

自己否定するからこそ自己肯定が必要

インナーチャイルドは、価値観から出来上がっています。

価値観というのは、良い悪いがあります。

ですから、インナーチャイルドがいると価値観で自分を良いか悪いかと判断します。

そして、自己否定に傾いていれば、自己肯定感を強く求めるようになります。

自己否定するから、自己肯定感が必要になります。

また、自己肯定感がある時には、自己否定を恐れます。

自己肯定感を持つ方法

自己肯定感は、インナーチャイルドの価値観から出てくるものです。

ですから、インナーチャイルドの価値観から見て、良いと判断できる状態に自分がなることで、自己肯定感を持つことが出来ます。

  • お金持ちが良いという価値観であれば、お金持ちになること
  • 異性にもてることが良いという価値観であれば、異性にもてること
  • みんなに褒められることが良いという価値観であれば、みんなに褒められること

このように、インナーチャイルドの願いを叶えることで、自己肯定感を持つことが出来ます。

ですが…

自己肯定感を求めるのは苦しい

インナーチャイルドというのは、不足感や欠乏感から出来ています。

ですから、常に自己肯定感を求めています。

ですが、そもそも不足感や欠乏感から出来ているので、自己肯定感を一瞬手に入れても、すぐになくなって、不足や欠乏状態に戻ってしまいます。

社会的な幸せが続かない理由がこれです。

このように常に自己肯定感を求め、手に入れてもすぐになくなってしまう状態というのは、大変苦しいです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

インナーチャイルドの癒しと自己肯定感

自己否定も苦しいですが、自己肯定感を求める状態も苦しい。

これは、幸せを求め続けるけれど、決して手に入れることが出来ないという人間の苦しみです。

仏教で、お釈迦様が人生は苦であると言っていることと同じです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

インナーチャイルドを癒す

インナーチャイルドの価値観が、この苦しみを生んでいます。

ですから、インナーチャイルドの価値観をなくすことが、解決策になります。

いわば、自己肯定感を求めるのは対処療法で、価値観をなくすことは根本治療です。

インナーチャイルドの価値観をなくすことを、インナーチャイルドの癒しと言います。

インナーチャイルドを癒すと自己肯定感が出てくるのではない

インナーチャイルドを癒すと、インナーチャイルドの価値観がなくなります。

すると、自己否定がなくなるとともに、自己肯定感を求める思いもなくなります。

  • 自己肯定感を得るのは、インナーチャイルドの願いを叶えること
  • 自己否定と、自己肯定感を求める思いをなくすことがインナーチャイルドの癒し

こういった違いがあります。

自己肯定感を得ながらインナーチャイルドを癒す

では、自己肯定感を得ることがダメなのかと言うとそうではありません。

自己肯定感を得ることは、インナーチャイルドの癒しに向かうために必要です。

※自己肯定感を得ることは、インナーチャイルドを満たすことと同じです。

こちらでご説明しています。

自己肯定感を得ながら、インナーチャイルドを癒すことが大切です。

この記事は以上になります。