毒親の3つの特徴

毒親の3つの特徴

毒親というのは、子供にとって毒になる親のことです。

毒親に育てられた子供は、自己重要感がなく、人生で問題を抱えます。

ですが、問題を抱えた人は、自分の問題の原因が親にあるとは中々思えません。

まずは、毒親の特徴を知り、自分の親がどうであったかを振り返る必要があります。

毒親の3つの特徴

毒親には3つの特徴があります。

それぞれの親で、毒の表れ方は違いますが、3つの特徴は共通しています。

1・子供をコントロールする

毒親は子供をコントロールします。

コントロールの方法は、不安感・恐怖感を煽る、罪悪感を抱かせる、承認欲求を利用するという3つの方法を使います。

※毒親が子供をコントロールする理由につきましてはこちらの記事をご覧ください。

具体的な方法は、暴力や言葉、無視や過干渉などです。

2.自分勝手で自分のことが最優先

毒親は、自分勝手で子供よりも自分のことを優先します。

例え、表面上は子供優先でも、実際には自分の為に行っています。

そのことは、子供にはよくわかります。

3.毒親自身も苦しんでいる

なぜ、毒親は子供をコントロールし、自分優先なのかというと、自分自身が苦しんでいるからです。

自分自身の苦しみを解消するために、子供をコントロールし、自分優先になっています。

本当のところは、毒親も子供を愛したいのですが、苦しみが故にそれができません。

あなたが、毒親なのだとしたら、まずは自分の苦しみを癒す必要があります。

あなたが、毒親に育てられた子供だとしたら、親を変えるのではなく、自分の心の傷を癒す必要があります。

この記事は以上になります。

>>>毒親について知ることが出来る9つの記事まとめに戻る<<<