愛着障害とは

愛着障害とは?

愛着障害というのは、子供の頃に親との絆を上手く結べなかったことによって、人間関係や社会生活に問題を起こしてしまう障害のことです。

精神科医も、ほとんどの心の病の根底には愛着障害あると考えています。

そして、大人の3分の1の人が、何かしらの愛着障害を抱えていて、人生の問題に苦しんでいます。

愛着障害とは

愛着障害というのは、愛着が障害されてしまい問題が起こっている状態です。

まずは、愛着とは何かを知ることからはじめましょう。

愛着とは

愛着というのは、特別に選ばれた人との絆(心理的なつながり)のことです。

自己重要感の元であり、心の土台になるつながりです。

そして、特別に選ばれた人というのは、多くの場合で母親です。

ここで大切なのが、特別に選ばれた人ということです。

誰でも良いわけではなく、また複数人ではありません。

特別に選ばれた一人の人との絆が愛着です。

愛着障害の原因

子供の頃につくられるべき、特別に選ばれた一人の人との絆がうまく作られなかった状態が、愛着障害です。

愛着障害の原因はいくつかあります。

まずは、死別や離婚などで養育者がいなくなってしまったり、変わったりした場合です。

次に、虐待やネグレクトがあった場合です。

この2つの原因は、重度の愛着障害による問題を引き起こす傾向があります。

※愛着障害の原因につきましては、こちらでご説明しています。

大人の3分の1が愛着障害!?

愛着障害が引き起こす問題は多岐にわたっています。

それは、大人の3分の1の人が、多かれ少なかれ愛着障害であるからです。

では、こんなにも多くの人が親が死別したり、離婚したり、虐待やネグレクトを受けてきたのかというとそうではありません。

愛着障害は、子供の頃のスキンシップの不足や、保育園や親せきに預けられた経験、過保護や過干渉によっても起こります。

これは、現代の社会生活の影響が大きいです。

今現在、多くの方が悩まれている愛着障害は、薬による治療や入院が必要な程重症ではないです。

ですが、生きる上で生活するうえで感じる、生き辛さの問題です。

愛着障害の人が抱える問題

愛着障害の人が抱える問題は、自分は安心安全であるという感覚がないことによる問題です。

自分は安心安全であるというのは、子供のころに養育者との関係のなかで作られます。

愛着障害の人は、この感覚がないので、人間関係や社会生活で問題を抱えてしまいます。

具体的には、

  • 人に頼ることができない
  • 断ることができない
  • 人や仕事や趣味に過度に依存してしまう
  • 良い子良い人を演じてしまう
  • 人をコントロールしようとする

などです。

自分は安心安全であるという感覚があれば、必要であれば人に頼ることもできますし、嫌なことをしない・断ることができます。

また、相手に過度に従ったり、依存したり、また支配的になったりはしません。

多くの問題の根底に愛着障害がある

ここまでお読み頂くと、かなり多くの問題の根底に愛着障害があることに気が付きます。

  • うつ病・不安障害・境界性パーソナリティー障害
  • アダルトチルドレン・毒親・HSP
  • 共依存・虐待・ネグレクト
  • 人間関係・仕事での問題
  • 自信がない・劣等感・自己否定感・罪悪感

などの問題の根底には愛着障害があります。

愛着障害の問題を解決することが、あなたの問題を解決することにつながります。

この記事は以上になります。

>>>愛着障害について知ることが出来る6つの記事まとめに戻る<<<