愛着形成で特に重要なのはアイコンタクト

愛着形成で特に重要なのはアイコンタクト

愛着形成で重要な関わりとして、アイコンタクト・言葉がけ・スキンシップの3つの関わりがあります。

その中でも、特に重要なのがアイコンタクトです。

子供は常に、母親に見てもらえているのかを意識しています。

子供とはしっかりとアイコンタクトをして関わりましょう。

愛着形成で特に重要なアイコンタクト

人の視線というのは、エネルギーです。

ですから、見られていると視線を感じます。

子供は常に、自分は見られているのかを気にしています。

見てもらえていることで重要な存在であると感じる

愛着形成には、言葉がけやスキンシップなどの関わりも大切ですが、アイコンタクトのない関わりは逆効果になります。

子供が自分を重要な存在であると感じるのは、見てもらっているというアイコンタクトがあるからです。

子供との関わりは、アイコンタクトを常に意識して行いましょう。

スマートフォンを見ながらの関わりはやめましょう

現代では、親によるアイコンタクトが少なくなっています。

その大きな原因になっているのが、スマートフォンです。

スマートフォンを見ながらの関わりは、子供に、自分よりもスマートフォンが大事と感じさせてしまいます。

子供との関わりは、スマートフォンを置いて行いましょう。

子供が「見て!見て!」と言ったら

スマートフォンだけでなく、子供が「見て!見て!」と関わりを求めて来た時は、今やっていることをやめて、子供を見ましょう。

子供からの「見て!見て!」を無視しすると、愛着が傷ついてしまいます。

さらに、無視し続けていると、子供からの「見て!見て!」という求めがなくなってしまいます。

子供が、絶望してしまうからです。

今やっていることも大切ですが、子供がしっかりと愛着を形成し、自己重要感をもってもらうことは、それ以上に大切なことです。

この記事は以上になります。

※アイコンタクト以外の関わりにつきましては、こちらでご説明しています。