HSP(敏感な人)の3つの特徴

HSP(敏感な人)の3つの特徴

HSP(敏感な人)というのは、敏感で繊細であるが故に、社会生活で生き辛さを感じてしまう人のことです。

ですが、生き辛いと感じるのは、社交的なほうが良い・内向的なのは良くないという社会の価値観に合わせてしまうからです。

HSPは、優れた才能です。

※HSPにつきましては、こちらでご説明しています。

HSP(敏感な人)の3つの特徴

HSPは、優れた才能です。

そして、大きく分けて3つの特徴があります。

敏感なので一度に受け取れる情報量が多い

HSPの人が敏感であるというのは、どういうことなのでしょうか?

敏感であるというのは、刺激を多く深く感じることが出来るということです。

刺激というのは、環境から受け取る情報です。

HSPの人は、音やニオイや光などの五感からの情報だけでなく、雰囲気や自他の感情やインスピレーションなどの第六感で感じる情報にも敏感です。

敏感であり、情報を多く深く感じることが出来るということが、慎重で思慮深い・共感力が強いというHSPの人特有の優れた才能につながります。

慎重で思慮深い

HSPの人は、刺激や情報に対して敏感なので、他の人に比べると深く思考し、行動も慎重です。

行動の前に、受け取った多くの情報を参照し、検討して、最善の行動をとります。

集団の中に、HSPの人がいることで、危機管理能力が高まり、多角的な判断が出来ます。

共感力が強い

HSPの人の最も優れた性質であり、一方でHSPの人が生き辛さを感じてしまう原因になるのが、共感力の高さです。

HSPの人は、他人の感情や思いを敏感に感じ取ることが出来ます。

ですから、他人の心の支えになったり、気配りをすることができます。

ですが、他人に共感するが故に自分も苦しくなってしまうことも多いです。

大切なのは、自分の性質・才能を知り、適切に生かすことです。

この記事は以上になります。

>>>HSPについて知ることが出来る6つの記事まとめに戻る<<<