HSP(敏感な人)の他人との付き合い方

HSP(敏感な人)の他人との付き合い方

HSPの気質を持つ方は、他人との付き合いの中で疲弊してしまいがちです。

それは、刺激に敏感だからです。

他人は、自分ほど刺激を敏感には感じてはいません。

ですから、他人に合わせているととても疲れてしまいます。

HSP(敏感な人)の他人との付き合い方

HSPの人が人間関係で疲れてしまう大きな原因は、他人に合わせてしまうことにあります。

なぜ、他人に合わせてしまうのかというと、自分の方が間違っていると無意識に思っているからです。

HSPであり、刺激に敏感であるのは、悪いことでも間違っていることでもありません。

あなたが生まれ持った性質です。

自分にHSPの気質があることを知る

まず、HSPの人にとって大切なことは、自分がHSPの気質を持っていることを知ることです。

そして、HSPは単に気質であり、他人と比べるものではないと知ることです。

HSPの人が、自分の方が悪いと思ってしまうのは、現代の価値観が、外交的でタフな人を基準に作られているからです。

HSPの気質は、本来優れた才能です。

他人は自分ほど刺激に敏感ではない

HSPではない人は、あなた程敏感ではありません。

あなたの辛さは、刺激に敏感であるが故のものです。

もしも、他人があなたと同じくらい刺激に敏感であったら、その人もあなたと同じように辛さを感じます。

他人は他人の刺激量・自分は自分の刺激量

他人は他人の適切な刺激量で生きています。

ですから、あなたはあなたにとって適切な刺激量で生きて良いのです。

自分が負担にならないように生きて良いのです。

それは、悪いことでも間違っていることでもありません。

あなたが楽に生きれることが正しいことです。

この記事は以上になります。

>>>HSPについて知ることが出来る6つの記事まとめに戻る<<<