HSP(敏感な人)の問題に対するカウンセリング&セラピー方法

HSP(敏感な人)の問題に対するカウンセリング&セラピー方法

HSP(敏感な人)は、その敏感さ繊細さ故に、様々な人生の問題を抱えてしまいます。

生き辛さであったり、人間関係であったり、自己実現が出来ないといった問題であったりします。

ですが、共通してある問題は、他人に合わせすぎてしまうという問題と、思いや感情を抑圧してしまうという問題です。

いまいカウンセリングルームでは、カウンセリング&セラピーによって、HSPの方が抱えてしまう問題を解決しています。

HSP(敏感な人)の問題に対するカウンセリング&セラピー方法

HSPの方が抱えてしまう問題は様々ですが、根本には共通した2つの問題があります。

HSPの人の共通した2つの問題

HSPの方の問題には、共通した2つの問題があります。

まず一つ目は、他人に合わせすぎてしまうという問題です。

他人に合わせすぎてしまう

HSPの方は、刺激に敏感です。

音やニオイに敏感であったり、自他の感情に巻き込まれてしまったりします。

刺激に敏感であること自体には何の問題もなく、むしろ優れた才能と言えます。

ですが、現代の価値観からすると、悪い・間違っていると判断されてしまうことが多く、HSPの方は、自分を否定してしまったり、罪悪感を持ってしまったります。

ですから、HSPの方は、他人の方が正しいと思い、他人に合わせすぎてしまいます。

そして、他人に合わせすぎてしまうということが原因となって、人間関係の問題になってしまいます。

思いや感情を抑圧してしまう

HSPの方は、自己否定感や罪悪感が強い傾向があり、自分の思いや感情を抑圧してしまいます。

自分の思いや感情よりも、他人の思いや感情を優先してしまいます。

すると、自己実現が出来ないという問題が起こります。

HSPの人に対するカウンセリング方法

HSPの方のカウンセリングにおいて重要なことは、本当は何に悩んでいるのかをハッキリさせることです。

意識上では、人間関係の悩みを持っていると感じていても、実際には、自己否定が強すぎることや他人に認められないという思いが、本当の悩みであったりします。

いまいカウンセリングルームのカウンセリングでは、HSPの方の本当のお悩みや問題をハッキリさせます。

HSPの人に対するセラピー方法

いまいカウンセリングルームのセラピー方法は、ゲシュタルト療法によるチェアワークや気づきのワーク、NLPによるタイムライン技法、交流分析によるセラピーです。

HSPの方が悩み、苦しんでいる劣等感や罪悪感をセラピーによって解放していきます。

カウンセリング&セラピー後の変化

HSPの人の問題の解決は、HSPでなくなることや、他の人と同じようになることではありません。

元々HSPというのは、病気や治さなければいけない気質ではありません。

問題なのは、HSPであることを否定してしまうことです。

本来の自分を否定し、他人に合わせてしまうことです。

ですから、カウンセリング&セラピーの後では、より自分らしく楽に生きられるようになります。

HSPである自分を受け入れられるようになることが、問題の解決です。

この記事は以上になります。

>>>HSPについて知ることが出来る6つの記事まとめに戻る<<<