対人恐怖症(社会不安障害)の解決方法

全ての対人恐怖症の症状を解決する必要はない

全ての対人恐怖症の症状を解決する必要はない

対人恐怖症の症状は様々あります。多くの対人恐怖症の方は、いくつかの症状を抱えています。ですが、対人恐怖症の全ての症状を解決する必要はありません。日常生活で困ってしまう症状だけを解決すれば十分です。全ての対人恐怖症の症状を解決する必要はない対人恐怖症の方は、完璧主義です。この

対人恐怖症は甘えではありません。本当に怖くて行動出来ないんです。

対人恐怖症は甘えではありません。本当に怖くて行動出来ないんです。

対人恐怖症の方に、「甘えているだけ」「誰でも緊張するんだ」「根性が足りない」と言ったアドバイスをする方がいらっしゃいます。私も、こうしたアドバイスを沢山もらいました。ですが、対人恐怖症の方は、大変な努力をしていますし、何とかなるならどんなこともする根性もあります。ただ恐怖感から行動が出来なくなっている状態です。甘えている

醜形恐怖症は現実の自分ではなくイメージの自分を見ていることが原因

醜形恐怖症は現実の自分ではなくイメージの自分を見ていることが原因

対人恐怖症の中に、醜形恐怖症があります。醜形恐怖症は、自分の体の一部分が醜い、異常であると感じる障害です。醜形恐怖症のポイントは、醜い・異常であると【感じる】という点にあります。醜形恐怖症の人は、現実の自分ではなくイメージの自分を見ています。醜形恐怖症は現実の自分ではなくイメージの自分を見ていることが原因

対人恐怖症は受け入れられたい認められたい思いが強いことが原因

対人恐怖症は受け入れられたい認められたい思いが強いことが原因

対人恐怖症と聞くと、人が怖いことが原因であると考えてしまいます。ですが、より根本的な原因が隠れています。対人恐怖症になってしまう根本的な原因は、他人に受け入れられたい認められたいという思いが強いことです。対人恐怖症は受け入れられたい認められたい思いが強いことが原因対人恐怖症の人は、他人に受け入れられたい認められたいと

対人恐怖症はインナーチャイルドの癒しで解決が出来るのか?

対人恐怖症をインナーチャイルドセラピーで解決する方法論

対人恐怖症は人前で緊張してしまったり、汗や手の震えやお腹の鳴る音などが気になり、人と関わる場面を避けてしまったりします。そして、心療内科で薬をもらったり、リラックスする方法を試したりしますが、なかなか解決できないというのが現状です。このことは、私自身が対人恐怖症で、自臭症や全身性多汗症であったのでよくわかります。なぜなかなか解決が出来ない