HSPの解決方法

HSP(敏感で繊細な人)であることが生き辛さの根本原因ではない

HSP(敏感で繊細な人)であることが生き辛さの根本原因ではない

HSPというのは、敏感で繊細な人という意味の言葉です。人間関係の中で、人一倍色々なことに気が付き、気になってしまう人のことです。また、人間関係だけでなく、音やニオイなどの刺激に対しても敏感なので、人込みが苦手であったり、自然の中にいることが好きであったりします。HSPの人は、現代社会では大変生き辛いです。ですが、それはH

HSP(敏感な人)の問題に対するカウンセリング&セラピー方法

HSP(敏感な人)の問題に対するカウンセリング&セラピー方法

HSP(敏感な人)は、その敏感さ繊細さ故に、様々な人生の問題を抱えてしまいます。生き辛さであったり、人間関係であったり、自己実現が出来ないといった問題であったりします。ですが、共通してある問題は、他人に合わせすぎてしまうという問題と、思いや感情を抑圧してしまうという問題です。いまいカウンセリングルームでは、カウンセリング&セラピーによって

HSP(敏感な人)の他人との付き合い方

HSP(敏感な人)の他人との付き合い方

HSPの気質を持つ方は、他人との付き合いの中で疲弊してしまいがちです。それは、刺激に敏感だからです。他人は、自分ほど刺激を敏感には感じてはいません。ですから、他人に合わせているととても疲れてしまいます。HSP(敏感な人)の他人との付き合い方HSPの人が人間関係で疲れてしまう大きな原因は、他人に合わせ

HSP(敏感な人)が抱える3つの問題

HSP(敏感な人)が抱える3つの問題

HSP(敏感な人)の人は、外部の刺激に敏感で、共感力が強いために、人生において様々な問題を抱えてしまいます。敏感で共感力が高いことは、欠点ではありません。ですが、状況によっては問題になってしまいます。HSP(敏感な人)が抱える3つの問題HSPの人は、子供の頃から敏感で共感力が高いです。そして、子供の

HSP(敏感な人)の3つの特徴

HSP(敏感な人)の3つの特徴

HSP(敏感な人)というのは、敏感で繊細であるが故に、社会生活で生き辛さを感じてしまう人のことです。ですが、生き辛いと感じるのは、社交的なほうが良い・内向的なのは良くないという社会の価値観に合わせてしまうからです。HSPは、優れた才能です。※HSPにつきましては、こちらでご説明しています。[blogcard id="7

HSP(Highly Sensitive Person)とても敏感で繊細な人とは?

HSP(Highly Sensitive Person)とても敏感で繊細な人とは?

HSP(Highly Sensitive Person)というのは、とても敏感な人という意味です。アメリカの心理学者・セラピストのエレイン・アーロンさんによって提唱された概念です。現代生活に生き辛さを感じている人の多くは、とても敏感で繊細です。その敏感さ繊細さが、生